トップ  >  留学業者の活用  >  複数の連絡チャンネル準備
イギリス 困った ビザ 手続き オフィス
日本人は終身雇用や年功序列に慣れていますので、自分で積極的に自分の選択肢を広げていくという事が苦手な人が多いように思います。しかし、そんな事では狩猟民族のイギリス人たちとまともに戦っていく事は出来ません。選択肢の一つとして留学業者がある事は立派ですが、他にもいろいろな連絡先を作っておく事をお勧めします。

<主要な連絡先(どれも1度は連絡を)>
こういった連絡先を確保しておく事により、何かトラブルが起こった場合には、非常に役立つ事になります。例えば、英語の点数が足りない、書類のトラブルで何故か落とされたなどです。特に本命の大学とは良く連絡をとっておく必要があります。

(1)SIUKやBEOなどの留学業者
(2)各大学のヘッドハンター
(3)各大学の先生
(4)各大学のアドミッションオフィス
(5)留学していた先輩、もしくは仲間

留学していた先輩や仲間が居なければ、私に連絡を下さっても別に構いません。困った時はお互い様だと思って、なるべく早めに返信します。info.hiropon@グーグルメールドットコムです。




プリンタ用画面
投票数:124 平均点:1.13
前
SIUKとBEO
カテゴリートップ
留学業者の活用

コメント一覧