トップ  >  留学準備をする  >  留学で持参する便利なもの
留学 持ち物
以下は、私が持っていった持ち物、もしくは、持って行けば良かったと思った持ち物です。

0、電子辞書(絶対に必要)
まさか電子辞書を持たずに海外留学に行く人は皆無かと思いますが、念のために書いておきます。電子辞書は、海外留学で必修です。場合によっては、通常の電子辞書と更に小型用(Casioなどから出ている旅行用)との2台を携帯しても良いでしょう。電子辞書だけは忘れずに持っていかないと、留学が大変苦労することになります。ちなみに、日本の電子辞書は世界最高水準、そして日本人の外国語の語学力は、世界最低水準です。

1、イギリスの観光冊子(フランス観光冊子もあれば便利)
イギリスに行ってから、さて旅行しましょうという時に、観光冊子が無いと非常に不便で、これが無い為に様々な困難が予想される事があります。2000円ぐらいで買えますので、必ず購入して持って行くべきでしょう。ちなみに、現地の地図ぐらいは現地でも買えます。休暇中などにイギリスからフランスに旅行に行く留学生は非常に多いので、フランスの観光冊子を持っていくと非常に便利です。

2、ノートパソコン
このブログを見てくださっている方は、まさかパソコンを持っていかないという事は無いと思いますが、学生をするのであれば、パソコンは絶対に持っていくべきです。大学に置いてあるものは、日本語が使えるとは限らないですし、セキュリティーなどが厳しい場合も想定されます。

3、デジカメ
デジカメを購入していなかった人は、留学のついでに購入すべきです。特に今まで使っていなかった人でも、これからは必要になります。例えば、保険をかけておいて、何か自分の持ち物が破損してしまった場合に、デジカメで撮影しておいて後で証拠として提出したりできます。また、デジカメで撮影した留学中の写真自体が資産です。ネットで1−2万円もあれば高性能のデジカメが手に入ります。価格.comなどで、安くて高性能のデジカメを調べて購入しましょう。

4、変圧器かコンセントの形状変換プラグ
変圧器はあれば便利ですが、平均5000円と高いので買いたくない人は買わなくても良いかもしれません。私は実際に、変圧器を購入しませんでした。何故ならば、パソコンは240V対応、デジカメも240V対応で、特に買う必要がなかったからです。そんな人でもコンセントの形状変換プラグは購入しておくべきです。形状変換だけなら1個300円ぐらいで買えます。これが無ければ、イギリスで電気を接続することすら出来ません。

5、カード式携帯電話(無くても現地調達可)
日本では、裏側にSIMカードを差し込むカード式携帯電話は、一部の機種のみ取り扱われています。しかし、そのまま海外持って行ってカードを交換したとしても、SIMロックというものがかかっているので使えません。方法としては、このSIMロックを解除するか、SIMロックがもともとかかっていない携帯がノキアなどで売られているので、そうした携帯を購入するという選択肢になります。現地でも調達可能なので、必修ではありません。




プリンタ用画面
投票数:70 平均点:2.86
前
航空券の予約をする
カテゴリートップ
留学準備をする
次
海外送金の予備知識

コメント一覧