トップ  >  合格通知から大学決定  >  大学の決定は良く考えて
大学 決定 ランキング 出願 デポジット
「早めに大学を決定して安心してしまいたい」と思う考えは誰にでもありますが、ほとんどの大学では、合格通知に「行きます」と返信した時点で席の確保はとりあえず保障して貰えます。幾つもの大学にとりあえず「行きます」というメールを出した後に、どこの大学に行くかをじっくりと考えます。

大学側で席が空いている限りは、いつでも受け入れて貰えますので、基本的に不安な人は全ての大学に「行きます」と返事を出しておくべきだと思います。倫理的に問題とか何とか言ったところで、大多数の学生がそのようにしているので、大学側は何とも思いません。とりあえず、多数の学生と同じように「行きます」という意思を表明すべきです。

大学側は、本当に入学の意思があるかを確認する為にデポジットの要求などを行ってくる場合があります。デポジットは2週間後ぐらいまでに振込みを行う事が一般的ではありますが、これは大学によってまちまちです。デポジットを要求されたとしても、支払いを引き伸ばす事も交渉次第ですので、大学側と相談して決めましょう。

特に英語力が不足している人などは、いろいろと考える前に行きますという返事を出してから大学を決定する方法が良いと思います。




プリンタ用画面
投票数:81 平均点:1.85
前
合格後オファーの返事
カテゴリートップ
合格通知から大学決定
次
合格は誰が決める?

コメント一覧