トップ  >  大学に願書を送る  >  便利なオンライン出願
オンライン 出願 イギリス 大学院 注意 メリット 費用
オンライン出願は、誰にとっても絶対にお勧めです。イギリスの大学などでは電子化が進んでおり、オンライン出願が歓迎される傾向にあります。大学によっては、オンライン出願専門のページを設けている所もあって、必要な書類を電子化して添付ファイルに添付するだけでオンライン出願可能となっています。

最も簡単な電子出願の方法は、エッセーも推薦状も全てをスキャナで取り込んで、大学にメールで送るだけです。それで、最も早ければ1週間ぐらいで合否が来ます。先ずは、大学に電子出願したいんだけど、推薦状を開けてもいいか、電子出願は可能か?などを聞いてみると良いと思います。大学によっては、推薦状のみ郵送でという場合もあるので、その場合は、その指示に従って下さい。

オンライン出願のメリットとしては、相手にリアルタイムで到着するので、合否結果の判定も早まるという事です。合否結果の判定が早まれば、イギリス大学院留学の準備期間に関しても余裕が出来る事になります。出来る限り早めに合否結果を知る為にも、オンライン出願をするメリットがあります。

費用の面から考えても、イギリスに日本の郵便局からEMSで書類を送りつけるには、1500円とコピー費用もかかります。オンライン出願であれば、どの大学にも同じように書類を送りつければ良いので、コピーする必要も無くて経済的でもあります。また、郵便局に出向く手間も無くなるので、このメリットも大きいと考えられ増す。

<オンライン出願の注意点>
オンライン出願で注意しなければいけないのは、推薦状の取り扱いです。ある大学では、推薦状を開封してオンライン添付すればそれで大丈夫ですが、それを許していない大学もあります。大学によりますが、推薦者のアドレスだけをオンライン願書に書き込ませて、その推薦者のアドレスに対して(勝手に)推薦状を貼り付けるURLを送り込む手法を取っている事です。自分で推薦状を送らせない工夫としては良いのですが、この方法だと大学の教授のメールアドレスに勝手に推薦状を貼り付ける添付ページが送られる事になって、教授などに迷惑を掛ける可能性があります。オンライン出願は、基本的に自分でメール添付で行うのが便利です。




プリンタ用画面
投票数:122 平均点:1.89
前
願書は何通出すべきか
カテゴリートップ
大学に願書を送る
次
GPAが無い・足りない場合

コメント一覧