トップ  >  大学に願書を送る  >  願書は何通出すべきか
願書 入学 自己推薦文
願書は、最低でも3通以上は出すべきだと思います。

私の場合は10通以上出しましたが、それでも後から考えると「少なかった」と感じています。英語力が足りるなど、大学の出願条件を満たしている人は3校ぐらいで十分な場合もありますが、英語や専門性など何らかの出願条件を満たせていない場合などは数多く出願して選択肢を増やしておく事が重要です。

英語力が不足している場合には、低い点数でプレセッショナルを受けられる学校を特に探して出願するべきだと思います。特に大学によって5.0でもプレセッショナルを受け入れてくれる大学があるので、そうした大学は非常に有力な候補になると思います。お金と時間はかかりますが、プリセッショナルは大学院に入学を得る堅実な方法です。

また、自分が大学で行った専門とする1つの学部以外にも複数の学部に出す場合も、落ちる危険があるので沢山の願書を出すべきだと思います。同様に、自分が出身学部と違う学部に進学したい場合には、落ちる危険があるので沢山出願しておくべきです。沢山出願すれば、選択肢がそれだけ増えるというのは当然です。

いずれにせよ、出願してからレスポンスが来るまでに非常に時間がかかるので、出願は「行っても良い所全てに」出しておくのが良いと思います。行っても良いかな?と思ったら、迷わずに出願すべきだと思います。そうしなければ、合否結果がなかなか来なくて焦る事になりかねません。




プリンタ用画面
投票数:159 平均点:1.01
前
英語力が足りない場合
カテゴリートップ
大学に願書を送る
次
便利なオンライン出願

コメント一覧