トップ  >  推薦状を準備する  >  推薦状はどのように頼むか
推薦状 大学 教授
推薦状ほど頼みにくいものはありません。

私もこれが嫌で嫌で、イギリス大学院の留学諦めようと思っていた原因でもありました。

大学の教授なんて、しばらく連絡も取っていなかったにも関わらず、こんな時だけ調子よく「推薦してくれませんか」と頼みに行くのは何か変な話だと思っている方も多いようです。しかし、そんな細かい事を考えていたら、いつまでたってもイギリス留学の夢は実現出来ません。

私の場合の例を書くと、大学の先生に先にメールでお願いしたら、最初は英語が書けないからダメと言われました。先生も忙しいので、単純に面倒だと思ったのだと思います。そこで、先生にそのメールの後にすぐさま「私が英語で参考例を仕上げましたので見てください」と翻訳した日本文と共に先生にメールで送りました。そして、先生はその文書を見てから「いいですよ」と言ってくださり、後から先生の研究室に伺って、推薦状を書いて頂きました。書いて頂いたというよりは、サインを頂きました。

非常に精神的に疲れましたし、久しぶりに先生に会いに行くと言う事でドキドキしましたが、久しぶりに大学の先生と話を出来た事でも後から考えればプラスになったと思います。こういった経験を通じて、人間関係を持っておけるのも良い事だと思いました。




プリンタ用画面
投票数:174 平均点:1.09
前
推薦状は誰から貰うべきか
カテゴリートップ
推薦状を準備する
次
推薦状、いつまでに準備?

コメント一覧

hiropon  投稿日時 2010-11-23 1:10
サングリアさん こんにちわ

推薦状は、自分では作れないので他の書類に先駆けてとりあえず作成しておけば良いと思います。英語という事もあって、ほとんどの先生は自分で書いた利しない(テンプレートがある先生を除いて)ので、自分で書いてサインだけ貰うのが一番です。一応、日本語で書いた内容は事前にメールか何かで送っておけば良いと思います。

非常に面倒な作業ではありますが、推薦状を書く事が英語の勉強にもプラスになりますので、とりあえず、何より最初に推薦状を準備して、それを持って先生の所に行くのが良いと思います。
サングリア   投稿日時 2010-10-22 12:20
こんにちわ。現在英国大学院留学をめざし、準備をすすめております。
推薦状のお願いが一番の悩みです。
実は私もドラフトの用意をせずに、ただその方にぜひお願いしたいということ、その理由、自分の背景を説明し、時間短縮のため&本人が全体像を把握できるように、もしご承諾いただけるようであれば、という形で準備方法も表記しました。長文になったのはいうまでもなく、いきなり押しつけるような印象をもったかもしれません。
まだ返事がないのはそのことが原因かもしれません。ドラフトを書いて改めて持っていくべきか、次のアプローチを模索しています。